周りを釘付けにする華やかな指輪

婚約指輪のデザインといえば、昔からあるソリティアが今でも人気です。シンプルなのでアーム部分の素材に使われているプラチナの良さが活かされますし、大粒のダイヤモンドを最大限目立たせるデザインに憧れる女性は多いのではないでしょうか。でも、他のカップルと似たような婚約指輪は持ちたくない人や、自分らしさや個性を追求したい人もいますよね。それなら婚約指輪の種類の一つであるパヴェリングがおすすめ。0.2カラットのメレダイヤをたっぷり使った迫力のある指輪です。

パヴェリングは、プラチナ以外のカラーゴールドを組み合わせたアームを使用しているデザインもよく見られます。王道のデザインにも王道ならではの安心感や上品さがありますが、個性を出しつつ華やかさやかわいらしさを出せる、パヴェリングにしかない良さもあるんですよね。

結婚指輪も兼ねることができる指輪

全く同じカット、同じサイズのダイヤモンドがびっしりと敷き詰められているタイプの指輪のデザインをエタニティリングと言います。もしアーム部分が緩くなった時にサイズ直しができるようにしておきたいなら、半周だけダイヤモンドを埋め込んだハーフエタニティがいいですよ。結婚指輪と重ね付けしやすいデザインであることや、結婚指輪兼婚約指輪として身につけることができるので、コストパフォーマンスがいい点も人気を集めています。

エタニティリングは、意外にどんな場面でも身につけやすいですし、一部の石をカラーダイヤにするなど自分たちなりの個性を出せるのも魅力の一つです。

婚約指輪は、プロポーズの定番のアイテムのひとつであり、ダイヤモンドやプラチナなど高級な素材が使われているものが選ばれる傾向があります。