ライフスタイルに合わせることを前提に

上手なソファの選び方を考える上で、大前提となるのはライフスタイルに合わせることです。リビングで家族全員がリラックスするためのソファなのに、一人用のソファを選んだり、反対に個室に設置するのに何人も座れるようなソファを選んでも持て余してしまいます。まずはどこに置くソファなのかを念頭に置いた上で、選ぶべきソファの全体像をイメージしてみましょう。そのイメージから逸脱しているソファは選択肢から除外することで、より選択肢を狭めることができるのです。また、当然部屋の広さも考慮しなければなりません。ソファ一つ置くだけで圧迫されるようであれば、別の家具を探した方が懸命でしょう。

インテリアは雰囲気に合わせること

おおよそのイメージを固めたら、次は部屋の雰囲気に合わせることを考えてみましょう。寝室に派手なソファは似合いませんし、リビングにシックなカラーソファを置くことで暗い部屋に見えてしまうかもしれません。ソファを中心に部屋の模様替えをするくらいの気持ちで選ぶことで、ワンランク上の部屋に仕立て上げることができるのです。また、ソファはカラーだけで雰囲気に合わせるのではなく、形でも合わせることができます。ローソファなら和室にも合いますし、大きめの部屋ならばL字型ソファを選ぶことでよりリラックスできる空間になります。ソファによりどんな形に部屋の雰囲気が変わるのかを想定して、最も適したソファを一つ選んでみましょう。実際に部屋に置きながら考えることができないからこそ、イメージが大切なのです。

ソファを置きたいけれど、ダイニングを置く場所が無くなるし、と悩んでいる人にはソファ ダイニングをお勧めします。2つの要素を備えているため、部屋を広く見せたい人などお勧めな家具になります。