そもそも「前撮り」とは何?

「前撮り」とは、結婚式本番より前の日に、結婚式に着る衣装を着て記念写真を撮影することです。「別撮り」ともいいます。結婚式の記念写真は、結婚式当日に撮影すればいいんじゃない、という人もいるかも知れません。しかし、次に書くように「前撮り」にはメリットが一杯あるんです。

ゆっくり写真を撮ることができる

結婚式当日は、想像以上に慌ただしいものです。列席者の方への対応、最終的な段取りの確認など、しなければいけないことが、とてもたくさんあります。また、写真を撮るにしても、どうしても列席者の方と一緒に撮影する、ということが多く、新郎新婦の二人だけで写真を撮るというチャンスがないこともあります。「前撮り」であれば、写真を撮ることに専念できるということですから、好きなポーズ、好きなシチュエーションで撮影することができます。

結婚式当日の予行演習にもなる

結婚式の衣装素敵ですよね。あなたは、吟味に吟味を重ねてその衣装を選んだはずです。しかし、結婚式の衣装は、日常に着る服とは、違います。着心地や、着ている時の体の動かし方は、普段とは大きく異なるものでしょう。思わぬ失敗をしてしまうかも知れません。しかし、「前撮り」の時に、結婚式の衣装を着て、歩いたり、座ったりをしていれば、そうした失敗をすることもなくなることでしょう。

写真を撮る場所を選ぶことができる

結婚式当日の写真は、当然、結婚式場が撮影場所になります。「前撮り」であれば、かなり自由に撮影場所を選択することができます。例えば、新郎新婦の初デートの場所なども、選択肢となるでしょう。

もちろん結婚式当日も写真を撮っていい

「前撮り」をしても、もちろん結婚式当日の写真はたくさん撮りましょう。列席者の方々との交流の様子など、結婚式当日の幸せな空気感一杯の写真が撮れることでしょう。

前撮り」は、結婚式当日より前の日に、ウェデングドレスや花嫁衣装などの結婚式の衣装を着て、結婚の記念撮影をすることです。