様々な結婚式場のタイプと特徴

結婚式の会場は、ふたりの希望やイメージ、招待客の顔ぶれや人数を考慮して選びましょう。格式や高級感があり、結婚式に必要な設備が整っているホテルは、その安心感から根強く支持されています。宿泊料金の割引もあるため、遠方からの招待客が多い人にはおすすめです。専門式場は、結婚式を専門的に行う施設なので内装やインテリアも豪華。さらに専門スタッフが準備から、当日まで一貫してサポートしてくれます。最近では遊園地や水族館といったテーマパークでの結婚式や、邸宅をまるごと貸し切り自宅のように、招待客をもてなすなどのオリジナルの高い演出が楽しめます。

どういう披露宴にするかコンセプトを決める

結婚式の披露宴などの演出は、まず最初にどういうものにしたいのか話し合いましょう。ふたりの披露宴のイメージに合わせて、テーマがあるとコーディネートがしやすくなります。会場装飾のポイントは装花からテーブルコーディネートまでトータルで考えること。会場によっては装飾のプランがある程度決められている場合もありますが、イメージが違うなら予算内にアレンジが可能なのか相談してみましょう。披露宴のプログラムや演出は、会場の基本のプログラムをベースにして、希望を加えてアレンジしていくといいでしょう。ただし、あれもこれも詰めすぎると、招待客がゆっくり食事できなくなり慌ただしい印象の披露宴になってしまいます。その逆に無計画だとだらだらした披露宴になって退屈してしまいます。ポイントとなる演出をいくつか取り入れメリハリをつけることが大事です。

郡山の結婚式場は時代背景もあり、大きな会場設備を備える式場から、少人数で新郎新婦がお客様をもてなす自由でお洒落な結婚式場がたくさんオープンしてきています。