住民票を移すべきかという問題に関して

単身赴任で遠い場所に住む事になった人達は、住民表を移すかどうか迷うと言われます。ではどうするべきかというと、期間が短くて一定の時間が過ぎたら家族で住む家に戻る事が確定している場合は移さなかったとしても問題はありません。これは仕事の都合などでホテルに一定期間定住する際に、住民票を移す必然性がないのと同じ事です。一方、赴任期間が長くて延長になる可能性もあったり遠くて家族のもとにほとんど帰れないような場合は事情が変わってきます。この場合、長期間にわたって住民票を移さない事が問題になる恐れがありますし何かと不都合な事があるため、長期赴任の際は面倒臭がらずに移す事が推奨されます。

家族との連絡はどうすればいい?

ひと昔前までは、単身赴任中の父親が家族と頻繁に連絡をとろうとすると毎月かなりの通信費がかかってしまっていました。特にテレビ電話の高さは単身赴任の家庭を苦しめてきたところがあります。しかし現在はパソコンを通じ、家族の顔を見ながら無料でいくらでも話をする事が可能な時代のため、通信費に関する心配は不要です。

家具・家電は買うべきか?

単身赴任をする際に、家具・家電を揃えるべきかどうかについては、期間によって推奨される形が変わってきます。長期赴任になる場合は、マイナーなメーカーが出している口コミ評価の高いものを買い揃えるのも良いでしょう。しかし、1年程度の赴任期間となると低価格商品を買い揃えるのも勿体ない部分があるため、一般賃貸住宅ではなく家具家電付きマンスリーマンションに住むのもよい方法です。

単身赴任の家具をレンタルする場合、新たに購入するよりも初期費用は安く抑えることができます。しかし、単身赴任が長引けば結果的にレンタル料金が購入するよりも高くなる場合もあるので注意が必要です。