家族との絆を感じられる教会式

挙式の定番と言ったら教会式で、式場や教会のチャペルで執り行うのがメジャーとなっています。この教会式は、まさに花嫁主役の挙式スタイル。ウエディングドレスを着た美しい姿を参列者に披露することができます。また、母親からベールダウンをされて父親と一緒にバージンロードを歩く姿は、参列者にとっても感動的なシーンになること間違いなし!教会式は、家族との絆が感じられ、花嫁を美しく魅せるための挙式と言えます。

伝統的な挙式スタイルなら神前式

打掛や白無垢など和装で挙式を行いたい方には、神前式という挙式スタイルがあります。神前式は、日本古来からある伝統的な儀式を行う場でもあるので雰囲気は厳か。また、花婿が主役となって執り行う儀式が多いのも特徴です。やはり、年配の参列者には特に評判の高い挙式なので、親族のみで挙式をするなら神前式が最適と言えるでしょう。さらに、教会式がメジャーな現代では、神前式で挙げることによって友人と被ることが少ないので、他とは違った結婚式にしたいという方にもおすすめです。

アットホームな雰囲気の人前式

人前式は、参列者に向かって結婚の誓いをして承認をもらう挙式スタイルです。参列者も結婚式の立会人となるので、大変アットホームな雰囲気で結婚式が進みます。また、人前式は進行の仕方などに決まりがなく、新郎新婦二人でその方法を決めることができる自由度の高い挙式となります。そのため、結婚式の内容を深く検討する時間がない方には不向き。一方、格式にとらわれず、新郎新婦でオリジナルの挙式をしたいという方は人前式が最適です。

自然に囲まれ四季折々に素敵な雰囲気の鶴岡八幡宮で結婚式が可能です。歴史あるお社での結婚式は最高の思い出になることでしょう。