コンビニやスーパーマーケットが近い立地を選ぼう

初めての一人暮らしを賃貸アパートやマンションでスタートさせる人は多いでしょう。家賃や間取り、築年数など希望の条件に基づいて候補を絞り込み、最終的に契約する物件を決めることになります。快適な一人暮らしを実現したいのであれば、コンビニやスーパーマーケットが近い立地をおすすめします。

徒歩圏内にコンビニやスーパーマーケットがあると、食品や日用品など生活必需品を購入するのが楽になります。逆に遠い立地の物件を選んでしまうと移動が億劫になり、買い物を諦めるケースが出てくるでしょう。また、気温が高い時や低い時、雨や風が強い時なども移動が億劫になりやすいです。しかし、近場に住んでいれば気温や天候を気にせず気軽に買い物を楽しめます。

最寄り駅まで片道で徒歩10分以内の条件で探そう

一人暮らしの住まいを選ぶ際は最寄り駅までの距離を考慮しましょう。できれば片道で徒歩10分以内という条件を設定して探すことをおすすめします。徒歩で片道20分や30分とかかる場所の物件を選んでしまうと、距離があることから気温や天候の影響を受けるようになります。暑い日や寒い日、雨風が強い日は移動が大変ですし、寝坊してしまった時は会社や学校に遅刻する可能性があります。しかし、徒歩10分程度で駅に到着するなら移動距離は短いですし、気温や天候の影響を受けにくいメリットがあります。また、適度な運動になる距離なので、健康面を考えた場合にも魅力的です。便利な立地なので遠い場所に比べて家賃の相場は高くなりますが、快適さを求めるなら必要な出費と捉えましょう。

家具の家電のレンタルは、インターネットでも申し込みが出来ます。いくつかの家具家電がセットになっているものもあり、一人暮らしに便利です。